menu

赤ら顔に効く化粧水ULU(ウルウ)

ulu

症状別!赤ら顔の治し方・改善方法まとめ

赤ら顔の原因が毛細血管の拡張である場合の治療法は、症状の度合いによっても違ってきます。

ここでは軽症の赤ら顔から重症の赤ら顔まで症状に合わせた解決方法を紹介します。

軽症編

軽症の場合であれば、食生活やスキンケアの方法、化粧品を変えるだけで治す事ができます。

食生活を改善する

アルコールや煙草、カフェインや香辛料などの刺激物は赤ら顔の原因となりますので、過度に摂取してしまっている人は量を控えるようにしましょう。赤ら顔に限らず、日々の食事は身体に様々な影響を与えますので1度毎日の食事について見つめなおす事も必要です。

スキンケアを見直す

良かれと思い洗顔を何度もしたり、力を入れてゴシゴシ洗うと肌への刺激が強すぎて乾燥し赤ら顔の原因となってしまいます。洗顔をする時にはたっぷりの泡で汚れを包み込むように優しく洗い、必要以上に回数を増やさないようにしましょう。

また、洗顔後のスキンケアには皮膚の炎症を抑え赤ら顔にも効果があるビタミンC誘導体含む化粧品を選ぶようにするとより効果的です。

漢方薬を服用

気温差やアルコールで赤ら顔になる人は血管が広がりやすくなってしまっている可能性があり、それを改善する効果のある漢方薬には桃核承気湯や温経湯、桂枝茯苓丸などがありますので、医師や薬剤師の指示の元服用するようにしましょう。

赤ら顔は軽症の内に治す努力をしなければ症状はどんどん進んでしまいます。軽症の時であれば日常生活の中で、これまでの生活習慣を少し変えるだけで治す事ができますので、放置せずにその症状と向き合い治すようにしたいですね。

重症編

軽症の場合であれば、食生活やスキンケアの方法、化粧品を変えるだけで治す事ができますが、重症化してしまった場合には皮膚科を受診して治療をする必要があります。

光治療

赤ら顔になっている部分に光をあてることで拡張した毛細血管を縮小させ、赤みを目立たないようにする治療法で、カメラのフラッシュのような光が赤ら顔の原因になっている血管や沈着した色素に反応し破壊します。その結果、赤ら顔が解消されるのです。

光治療で用いられる光はレーザーとは波長が違うので痛みが少ないのが特徴で、一時的な肌へのダメージも期間が短いとされています。

レーザー治療

レーザーを患部にあてる事で毛細血管が拡張しているのを収縮させ、赤ら顔を解消してくれます。光治療と比べると痛みを伴い、一時的な肌へのダメージも多くなります。
レーザー治療で用いられるレーザーには種類があり、保険が適用されるレーザーもあれば保険が適用されないレーザーがあります。

硬化療法

血管に直接硬化剤を注射し弾性包帯で圧迫する治療法で、血管の内側がくっつき線維化する事で赤ら顔が解消されます。レーザー治療をして効果があまり現れなかった太い血管などにはこの方法での治療が合っており、治療後はすぐに日常の生活に戻ることができます。

これらの治療は一部のレーザー治療を除く他は実費診療になってしまい保険が適用されません。

arrow_red 私も改善した!赤ら顔に超おすすめオールインULU

関連記事

  1. 小さな子どもの赤ら顔は気にするべき?その治療法はあるのか

  2. 赤ら顔にオロナインが有効?

  3. 皮膚科で行うレーザー治療で赤ら顔を治す方法とそのリスクとは?

  4. 正しい食生活で赤ら顔とお別れできる?正しい食事方法について

  5. 赤ら顔って周りからどう思われているの?ネットでの口コミ情報

  6. 赤ら顔に似合う髪色の選び方とは?美肌効果のあるカラーリングとは

おすすめ記事

  1. ULUシェイクモイストミルクの特徴・効果・メリット・口コミ
  2. ULUシェイクモイストミルクの成分~セラミドの効果~
  3. ULUシェイクモイストミルクの成分~ヒアルロン酸の効果~

ピックアップ記事

  1. 赤ら顔専用化粧品「ULUシェイクモイストミルク」について、その詳細を解説します!(私個人の体…
  2. 赤ら顔の人の中にはニキビが原因の人もたくさんいらっしゃいます。ニキビ対策をすることで赤ら顔も…
  3. 中高年の女性に赤ら顔の症状が現れた場合、それは更年期障害と関係があるかもしれません。更年期に…
  4. タバコを吸うと赤ら顔になりやすいという事をご存知でしょうか。赤ら顔でお悩みの人でタバコを吸っ…
  5. 赤ら顔は、一見血行がよさそうに見えますがそうではありません。血行不良と赤ら顔にはどのような関…
  6. プラセンタはお肌がキレイになる成分として有名ですが赤ら顔予防にもおすすめです。プラセンタで赤…
  7. 小さな子供で赤ら顔になっている子がいますが、治療などをした方が良いのでしょうか。子供の赤ら顔…
  8. 赤ら顔を改善するためにツボを押すという方法もあります。便秘や肩こりにも効果があり、万能のツボ…
  9. 赤ら顔の人は顔が赤い分髪色に気を使うことが多いです。肌がキレイに見えるカラーリングとはどのよ…
  10. 赤ら顔=赤面症の事で、赤ら顔になりやすい人とそうでない人がいます。その原因として大きく5つあ…
ページ上部へ戻る