赤ら顔に効く化粧水ULU(ウルウ)

ulu

赤ら顔には馬油が効果的?

赤ら顔の症状は年中いつでも起こりますが、特に冬に酷くなる人が多い理由は乾燥にあります。冬場は空気が乾燥する事から肌も乾燥しがちになってしまい、赤ら顔の症状も酷くなります。

そんな赤ら顔の対策としては肌の保湿をするという事が重要で、そんな時に馬油がとても有効であると言われています。

馬油とは

馬油(バーユ、マーユ)は、馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことである。主に食用の馬を解体する際に腹や首の部位から採取される。オレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、リノレン酸などを多く含んでおり[1]、古くから皮膚治療の民間薬に用いられてきた。馬油はヒトの皮脂とよく似た性質を持ち、浸透性、保湿・保護の効果が確認できるため、皮膚の健康を維持する目的での外用剤に適している。

引用(一部改変):wiki

馬油とはその名のとおり、お馬さんの油。昔から火傷、肌荒れ、切り傷などに民間薬として用いられてきました。

馬油の効果

保湿効果

馬油はセラミドがたっぷり含まれており、保湿力に優れているといわれています。同時に人間の皮脂を似通った構造をしているため、浸透力が強く肌の奥まで保湿成分セラミドを届けることができます。馬セラミドはセラミドの合成を促進してくれるので、赤ら顔の方の肌のように抵抗力が弱い肌につけるにはもってこいなのです。

馬油には添加物が含まれていないので、乾燥で敏感になってしまっている肌を刺激する事もありませんし、馬油に含まれる成分が肌に浸透し潤いを与えてくれます。その証拠に馬油はそのまま食べても害がありません。

炎症抑制効果

馬油は昔から火傷の治療薬として使われてきたように炎症を鎮める効果があるといわれています。赤ら顔の肌も外部の刺激に対して炎症をおこしやすなっている肌です。だからこそ赤ら顔のように炎症を起こして赤くなってしまった肌には馬油は効果的なのです。

馬油クリーム

馬油はベタベタして苦手だというような人は馬油クリームを塗るのも良いでしょう。

馬油の場合、ある程度して肌の脂分が良い状態になっても塗り続けていると反対に肌の脂分が多くなり過ぎてアトピーやニキビが悪化し赤ら顔も悪化させてしまう場合がありますが、馬油クリームだと馬油ほど油分が入っていませんので適度に肌に油を補う事ができ、一定の量に達すれば肌が自然と皮脂を分泌できるようになってきます。

肌が乾燥して赤ら顔の症状が現れている場合には保湿が大切で、それには馬油が有効ですが油分を摂り過ぎる事を考えると馬油クリームを使う事をお勧めします。

arrow_red 私も改善した!赤ら顔に超おすすめオールインULU

関連記事

  1. 赤ら顔はファンデーションで隠せる?失敗例と成功例について

  2. 皮膚科で行うレーザー治療で赤ら顔を治す方法とそのリスクとは?

  3. 正しい食生活で赤ら顔とお別れできる?正しい食事方法について

  4. 小さな子どもの赤ら顔は気にするべき?その治療法はあるのか

  5. 赤ら顔って周りからどう思われているの?ネットでの口コミ情報

  6. 赤ら顔の人に特におすすめの化粧水はある?選び方について

おすすめ記事

  1. ULUシェイクモイストミルクの特徴・効果・メリット・口コミ
  2. ULUシェイクモイストミルクの成分~セラミドの効果~
  3. ULUシェイクモイストミルクの成分~ヒアルロン酸の効果~

ピックアップ記事

  1. 赤ら顔の症状は年中いつでも起こりますが、特に冬に酷くなる人が多い理由は乾燥にあります。冬場は空気が乾…
  2. 赤ら顔に効果があるものとして漢方薬があります。漢方薬は薬と違い、身体の乱れたところを整えて病…
  3. 赤ら顔を解消するには、食べ物を効果的に利用することをおすすめします。栄養素の中には赤ら顔に特…
  4. 赤ら顔の原因が生まれつきという人もいて、ずっとその症状に悩まされているという人も少なくはありません。…
  5. 冬は寒いので赤ら顔になる事もおおいのですが、赤ら顔に効果的な飲み物はないのでしょうか。お茶等…
  6. 赤ら顔の治療は、皮膚科においてレーザー治療で治すという選択肢もあります。しかしリスクが全く無…
  7. 何にでも効果があるというイメージがあるオロナインですが、赤ら顔にも効果があるのでしょうか?オ…
  8. 冬にだけ現れる赤ら顔にお困りの方もたくさんいます。寒い外と温かい室内の温度差で赤ら顔になりま…
  9. 脂性肌の人は、赤ら顔の症状が出ることがあります。どうやったら脂性肌も赤ら顔も改善することがで…
  10. アルコールを飲むと赤ら顔になることがあります。人によっては少量でも赤くなりますがどうしてでし…
ページ上部へ戻る