赤ら顔に効く化粧水ULU(ウルウ)

ulu

脂性肌タイプの赤ら顔への対策方法は?皮脂の酸化がポイント

脂性肌の人は、赤ら顔の症状が出ることがあります。

どうやったら脂性肌も赤ら顔も改善することができるのでしょうか。

脂性肌と赤ら顔

脂性肌とは、肌の表面の毛穴から皮脂が過剰に出るような状態になっているためベタベタしている肌です。

オイリー肌と呼ばれることもあり、肌を弱酸性に保って潤いを与え守っているのですがトラブルも多い肌です。このような肌の人は、脂漏性皮膚炎になり赤ら顔になる確率も普通肌の人に比べるとグンと確率が上がります。

毛穴に皮脂などが詰まりやすくそこにアクネ菌が増殖すれば赤ニキビとなり赤ら顔になります。

皮脂などを餌にしているマラセチアというカビが増殖すると脂漏性皮膚炎になりこちらは鼻の周りから赤ら顔になります。

脂性肌と赤ら顔は関係が深く、赤ら顔になる原因の一つに脂性肌があると言っても間違いではありません。脂性肌は、スキンケアや食事などでかなり改善されることも多いのできちんと洗顔やケアをすることが大切です。

そして脂性肌だからと言ってやたらと洗顔などをすると逆効果となりかえって脂性肌がひどくなることもあります。脂性肌でもしっかり保湿することで赤ら顔予防にもなるのです。

脂性肌の酸化防止と赤ら顔予防

脂性肌は男性ホルモンの影響やストレス、食事、肌の乾燥によって起こると言われていますが、皮脂の量が多いと酸化してしまう事があります。

皮脂は、毛穴から分泌され空気に触れることで酸化します、この状態になるまでに赤ら顔になっていることが多いです。皮脂が酸化することによって臭いがすることもありますし、毛穴が詰まった状態だとイチゴの様にブツブツと黒くなっている所が見えます。

人によっては脂性肌が酸化することにより脂漏性皮膚炎となり赤ら顔が鼻から口にかけて広がることもあります。皮脂が過剰に分泌され顔がテカテカするようならば、できるだけ酸化しないように皮脂を除去するのが良いです。

しかし、洗顔で皮脂を落とし過ぎるとかえって皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。洗顔のし過ぎが原因で脂性肌になってしまう人もいらっしゃいますので注意してください。

洗顔後は、肌が乾燥状態になりますので、すぐに保湿をするようにして下さい。保湿することで皮脂が過剰に出るのを防ぎ肌の酸化や赤ら顔を予防します。

脂性肌と赤ら顔の改善法

脂性肌の改善には過剰な皮脂の分泌を抑えることが重要ですが、洗顔でそれをしようとすると逆効果になることがあります。

洗顔を例えば1日4回位するのは脂性肌の場合、洗顔しすぎになります。スポーツしたりメイク落としだったり、結構洗顔する機会は多い事もうなずけます。

しかし、脂性肌では洗顔を何度もすることで皮脂の過剰分泌が更にひどくなるケースが多いのです。

洗顔するとどうしても必要以上の皮脂が綺麗に落とされます。それによって、肌が乾燥していると勘違いし皮脂を出そう出そうとしてしまうのです。

脂性肌の赤ら顔改善には洗顔をすることが解決策ではありません。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水などを使う事で過剰な皮脂分泌を抑制してくれますので使ってみてください。ビタミンC誘導体と保湿成分が入っている化粧水ならなお良いです。

脂性肌の症状が治まってくれば赤ら顔も自然と改善されてきます。

脂性肌と赤ら顔を食事と睡眠で撃退

脂性肌の人には、生活が不規則だったり、睡眠不足だったり、外食などが多い人が結構います。食事や生活が乱れていると脂性肌の状態がひどくなって赤ら顔も症状がすすんでしまいます。

脂性肌と赤ら顔を改善するために食事と睡眠等にも気を付けて下さい。

まず、食事は、油ものや脂肪の多い肉類を避け野菜中心の食生活にします。できるだけ夜7時までには食事を済ませ早めに寝てください。

夜の10時から夜中の2時までの間に肌のターンオーバーが行われたり、ホルモンが分泌されたりします。

これらの活動が阻害されることで皮脂が過剰に出て脂性肌になり赤ら顔になります。規則正しい生活と食事でかなり脂性肌赤ら顔も改善されますので実践してみてください。

arrow_red 私も改善した!赤ら顔に超おすすめオールインULU

関連記事

  1. 生まれつきの赤ら顔

  2. 乾燥肌からくる赤ら顔の人はどんな事に注意したら良いのか

  3. 病気が原因の赤ら顔もあるので注意しよう!2つの可能性

  4. アレルギー体質の方の赤ら顔の主な原因は何?注意の方法

  5. 赤ら顔と更年期障害の関係

  6. ニキビやニキビ跡が原因となって赤ら顔になった場合の特徴

おすすめ記事

  1. ULUシェイクモイストミルクの特徴・効果・メリット・口コミ
  2. ULUシェイクモイストミルクの成分~セラミドの効果~
  3. ULUシェイクモイストミルクの成分~ヒアルロン酸の効果~

ピックアップ記事

  1. 赤ら顔の人の中にはニキビが原因の人もたくさんいらっしゃいます。ニキビ対策をすることで赤ら顔も…
  2. 冬にだけ現れる赤ら顔にお困りの方もたくさんいます。寒い外と温かい室内の温度差で赤ら顔になりま…
  3. 何にでも効果があるというイメージがあるオロナインですが、赤ら顔にも効果があるのでしょうか?オ…
  4. 赤ら顔の原因が毛細血管の拡張である場合の治療法は、症状の度合いによっても違ってきます。ここで…
  5. 自分が赤ら顔だと恥ずかしくて人から銅思われているか気になってしまいます。ネットの口コミでは赤…
  6. 赤ら顔=赤面症の事で、赤ら顔になりやすい人とそうでない人がいます。その原因として大きく5つあ…
  7. 赤ら顔を予防するためには洗顔が大切ですが、洗顔料の成分をきちんと把握しておく必要があります。…
  8. 走ったりした後に上半身に熱がこもり顔が赤くなるという事はよくあります。しかし、これは一時的な症状で赤…
  9. 赤ら顔の原因には毛細血管拡張症という病気が関係していることがあります。この、毛細血管拡張症とはどんな…
  10. 赤ら顔の人はスキンケアをきちんと行う事でかなり改善されることも多いです。化粧水の中には、赤ら…
ページ上部へ戻る