赤ら顔に効く化粧水ULU(ウルウ)

ulu

ステロイドによる副作用で赤ら顔になってしまう問題について

ステロイドは副作用を起こす事があります。

ステロイドで赤ら顔になってしまう事もありますがなぜでしょうか。

ステロイドの副作用で赤ら顔

ステロイドは、体の部分的やかゆみや赤みなどのアレルギー症状を抑えてくれるお薬です。しかし、副作用があるお薬としても知られています。

ステロイドの副作用には、皮膚細胞が抑制されてしまうので皮膚が薄くなったり毛細血管の拡張が起こることがあります。これらの症状は、赤ら顔を悪化させる症状です。

できれば赤ら顔部分にステロイドを使用しない方が良いです。しかし、ステロイド以外の治療薬でも副作用があるものは結構あるので最初からステロイドを避けるのはどうかと思います。

ステロイドも5段階あり、弱いステロイドだとほとんど副作用が無い場合もあるのです。ステロイドの副作用は、赤ら顔の症状が悪化する他、皮膚の萎縮やニキビなどができやすくなるなどがあります。

ステロイドでなくても副作用がある

皮膚科の塗り薬でステロイドを出そうとすると絶対に嫌だと拒否する人もいらっしゃいます。ステロイドの副作用が有名になり過ぎて使いたくないという人も多いのですが、ステロイド以外のお薬はどうなんでしょうか。

赤ら顔にも治療薬がありますが、赤ら顔の治療薬でも副作用が出ることがあるものがあります。

ミノマイシンは、赤ら顔の治療で使われるお薬ですが、副作用でめまいや吐き気、頭痛を伴うことがあります。

アゼライン酸ゲルも皮膚科などで処方されることがありますが、こちらは、赤みが強くなったりかゆみが人によって出てしまいます。

プロトピックというお薬に至っては、使用した人の約7割が副作用を感じるというお薬でヒリヒリしたり赤みがひどくなり逆効果になることがあります。

赤ら顔を改善したくてお薬を塗るのに余計赤くなるのですからどうしようもないです。また、この薬で副作用がでると治りにくい場合が多いです。

ステロイドも弱いタイプだと副作用がほとんど出ないものもあり、完全に悪者にしてしまうのは良くない部分もあるのです。

ステロイドの他の赤ら顔改善

赤ら顔の方は、皮膚科などで治療をするとステロイドやステロイド以外の治療薬を処方されることがあります。しかし、ステロイドにしてもその他の治療薬にしても、逆に赤ら顔を悪くしてしまう副作用があります。

どうしても、そんな副作用が心配な方は、皮膚科に行く前に他の赤ら顔対策を行って下さい。

赤ら顔は、血行不良等が原因で起こることも結構あります。赤ら顔の様々な症状に効くのが漢方薬です。

漢方薬は、西洋医学のステロイドやその他の治療薬に比べて副作用がほとんど出ないという利点があります。和漢植物などの自然な原材料なので、体に非常にやさしいのです。

軽い赤ら顔の場合は、皮膚科に行かなくてもスキンケア用品を無添加の保湿系に変えるだけで改善されることがあります。特に冬場のみの赤ら顔は、乾燥や温度差で起こるので治療薬を付けるまでもありません。

お薬と上手に付き合って赤ら顔治療

赤ら顔の場合、軽い症状なら皮膚科に行くほどでもないですし、保湿などをしっかりするだけで改善される場合も多いです。しかし、中程度以上の赤ら顔の症状になると赤みが出るだけではなくかゆみが出る事もあります。

特に脂漏性皮膚炎等の場合、かなり強いかゆみが出る事もあるので皮膚科に行くとステロイドを処方されることもあるのです。しかし、ステロイドの副作用が気になり他の薬にしてもらってその薬で副作用が出るというケースもあります。

ステロイドも必ず副作用が出るわけではありません、5段階で強さが違う薬なので症状によって使い分ければ問題ない事の方が多いのです。人によっては、かゆみや赤みがすぐ治り非常に良い薬ですので、皮膚科の医師の判断による所も多いのです。

どうしても薬が嫌な場合でも漢方薬やスキンケアクリーム、サプリメントなど色々あります。自分の赤ら顔の症状なんですから、自分で納得できる治療法を行って下さい。

arrow_red 私も改善した!赤ら顔に超おすすめオールインULU

関連記事

  1. 赤ら顔だから血行が良いわけではないの?血行不良との関係

  2. 赤ら顔になる5つの原因

  3. 生まれつきの赤ら顔

  4. 赤ら顔を引き起こしているオイリー肌特有の脂漏性皮膚炎について

  5. 赤ら顔の原因は何?毛細血管拡張症と呼ばれる症状について

  6. 脂性肌タイプの赤ら顔への対策方法は?皮脂の酸化がポイント

おすすめ記事

  1. ULUシェイクモイストミルクの特徴・効果・メリット・口コミ
  2. ULUシェイクモイストミルクの成分~セラミドの効果~
  3. ULUシェイクモイストミルクの成分~ヒアルロン酸の効果~

ピックアップ記事

  1. 赤ら顔専用化粧品「ULUシェイクモイストミルク」について、その詳細を解説します!(私個人の体…
  2. ステロイドは副作用を起こす事があります。ステロイドで赤ら顔になってしまう事もありますがなぜで…
  3. 赤ら顔の症状は年中いつでも起こりますが、特に冬に酷くなる人が多い理由は乾燥にあります。冬場は空気が乾…
  4. 人から勘違いされることも多い赤ら顔ですが、改善する方法はないのでしょうか。原因ごとに改善方法…
  5. 脂性肌の人は、赤ら顔の症状が出ることがあります。どうやったら脂性肌も赤ら顔も改善することがで…
  6. ただの赤ら顔と思っていたところ、実はその原因は病気にあったなんて事も少なくはありません。赤ら…
  7. 赤ら顔は、アロマテラピーでもかなり解消される事があります。リラックスできるアロマテラピーの赤…
  8. 乾燥肌で赤ら顔の人もたくさんいらっしゃいます。乾燥肌も赤ら顔もどんなことをすれば改善されてい…
  9. 赤ら顔の原因が毛細血管の拡張である場合の治療法は、症状の度合いによっても違ってきます。ここで…
  10. 赤ら顔を予防するためには洗顔が大切ですが、洗顔料の成分をきちんと把握しておく必要があります。…
ページ上部へ戻る