赤ら顔に効く化粧水ULU(ウルウ)

ulu

赤ら顔の原因は何?毛細血管拡張症と呼ばれる症状について

赤ら顔の原因には毛細血管拡張症という病気が関係していることがあります。この、毛細血管拡張症とはどんな症状なんでしょうか。

毛細血管拡張症について

赤ら顔の人は、毛細血管拡張症の場合が多いのですが、毛細血管拡張症とはどんな病気でしょうか。

肌の奥(真皮部分)には毛細血管が張り巡らされており、そこから肌に必要な栄養や酸素を供給します。血管は必要に応じて縮小と拡張を繰り返して、血流量を調整しています。

しかし、毛細血管拡張症の患者は何らかの原因で血管が開いた状態のままになってしまうことがあります。これを毛細血管拡張匠と呼びます。

毛細血管拡張症にはこのように通常から血管が開いた状態になる場合のほか、毛細血管の数が通常よりも多く顔が赤く見える症状も含まれます。

ほとんどが遺伝によりご両親などから受け継いだものですが、肌が白い人に多くほんのりと赤いケースが多いです。赤ら顔が気になるような場合、毛細血管が多いだけではなく、皮膚自体が薄い場合もあります。

同じ毛細血管拡張症でも気温による拡張やニキビや皮脂による炎症、アルコールなどを多くとった時に起こるケースもあります。アルコールや香辛料などを飲んだり食べたりして赤ら顔になるのは一時的な毛細血管拡張症です。

しかし、ニキビや皮脂による炎症は、肌の炎症状態が改善されないと治らない事が多いです。遺伝による赤ら顔の場合は完治が難しくなかなか改善しないことが多いという毛細血管拡張症の特徴があります。

寒い地域の人は毛細血管拡張症になりやすい

日本でも東北地方や北海道地方の人は、冬の寒さが厳しい為、毛細血管拡張症の人が多いと言われています。

なぜ寒い地域に毛細血管拡張症の人が多いかというと、どうしても外の気温と家の中の気温が違います。外がマイナス10度で家の中が18度という事だってあるのです。

そのような状況で寒い所と暖かい所を行ったり来たりすると毛細血管がしょっちゅう拡張したり伸縮したりします。そんな状況を繰り返すことで、毛細血管の伸縮機能が衰え拡張しっぱなしになってしまうのです。

これが毛細血管拡張症の原因となっています。

東北や北海道辺りの寒い場所に住んでいる人に毛細血管拡張症の人が多いのはこのような理由からです。人によっては、同じ条件でも赤ら顔にならない人もいらっしゃいますが比較的毛細血管拡張症が多い地域と言えるのです。

ニキビや皮脂で毛細血管拡張症になる

毛細血管拡張症は、遺伝やアルコールなどの影響以外にニキビや皮脂が原因で起こることもあります。

お肌にニキビができただけでは、赤くなることもありませんし赤ら顔にもなりません。

しかし、このニキビや毛穴に詰まった皮脂が原因で炎症が起こってしまった場合、毛細血管拡張症となり赤ら顔になってしまうのです。

お肌で炎症が起こると血管が拡張する為、周辺も赤くなります。ニキビや皮脂詰まりが多い人には、ニキビが治ってもまたすぐ他のニキビができたりすることがあります。

このような状態だとお肌の炎症状態が常に起こっているので毛細血管拡張症の症状になってしまうのです。炎症の期間が長くなれば長くなるほど毛細血管拡張症がひどくなるため、ニキビが治っても赤ら顔が治らない事もあるのです。
まずは、ニキビや皮脂詰まりを早く治すことが大切です。

ニキビ治療薬とかで効果が無ければ皮膚科に行ってきちんと治すことが毛細血管拡張症にならないポイントです。

毛細血管拡張症を改善するには

毛細血管拡張症の赤ら顔の人には、赤ら顔が恥ずかしいとコンプレックスになっている人もいます。

何とかして赤ら顔を改善したいという人もいらっしゃるんですが、遺伝等の場合はなかなか難しい場合も多いです。

できるだけ、アルコールを多く飲まないとか辛いものを食べないようにしたり、体温が上がると赤ら顔になるので服で体温調節します。寒い時期に暖房などが効いているお店に行くと赤ら顔になる毛細血管拡張症の人も多いです。

中に半袖の服や薄手のシャツなどを着ていると温度調整しやすいです。

ニキビや皮脂で毛細血管拡張症になってしまっている人は、ニキビや皮脂詰まりを治すのが手っ取り早い改善法です。

化粧品などが原因でかぶれたりかゆみが起こり毛細血管拡張症になっている人は、とにかくトラブった化粧品は使わないようにします。

しばらくすれば赤ら顔は改善されますが、似たようなものを再度使うとアレルギー反応が強くなることがあるので気をつけて下さい。このような方は敏感肌用の化粧品を使うと安心です。

arrow_red 私も改善した!赤ら顔に超おすすめオールインULU

関連記事

  1. タバコを吸うことで赤ら顔になっているケースと解消の方法

  2. お酒を飲んで赤ら顔になる人は病気に注意?肝機能との関係は

  3. ニキビやニキビ跡が原因となって赤ら顔になった場合の特徴

  4. 病気が原因の赤ら顔もあるので注意しよう!2つの可能性

  5. 赤ら顔を引き起こしているオイリー肌特有の脂漏性皮膚炎について

  6. 脂性肌タイプの赤ら顔への対策方法は?皮脂の酸化がポイント

おすすめ記事

  1. ULUシェイクモイストミルクの特徴・効果・メリット・口コミ
  2. ULUシェイクモイストミルクの成分~セラミドの効果~
  3. ULUシェイクモイストミルクの成分~ヒアルロン酸の効果~

ピックアップ記事

  1. 中高年の女性に赤ら顔の症状が現れた場合、それは更年期障害と関係があるかもしれません。更年期に…
  2. 赤ら顔は、アロマテラピーでもかなり解消される事があります。リラックスできるアロマテラピーの赤…
  3. 自分が赤ら顔だと恥ずかしくて人から銅思われているか気になってしまいます。ネットの口コミでは赤…
  4. 赤ら顔=赤面症の事で、赤ら顔になりやすい人とそうでない人がいます。その原因として大きく5つあ…
  5. 走ったりした後に上半身に熱がこもり顔が赤くなるという事はよくあります。しかし、これは一時的な症状で赤…
  6. 赤ら顔は、一見血行がよさそうに見えますがそうではありません。血行不良と赤ら顔にはどのような関…
  7. 赤ら顔の原因にはオイリー肌も深く関係しています。人には色々な肌タイプがあります。乾燥肌の人も…
  8. 赤ら顔専用化粧品「ULUシェイクモイストミルク」について、その詳細を解説します!(私個人の体…
  9. 赤ら顔に効果があるものとして漢方薬があります。漢方薬は薬と違い、身体の乱れたところを整えて病…
  10. 赤ら顔にはニキビが原因でなってしまう事もあります。ニキビやニキビの跡が原因の赤ら顔の特徴とは…
ページ上部へ戻る